企業理念

豊かな自然に抱かれた新技術の発信地として、世界に誇れる高品質な日本製品を創造します。
高効率&省エネルギー、あらゆるシーンに活きる高性能サーボモータをご提供いたします。

お客様に最高の技術と最適な駆動方式をご提供

環境対応
経済産業省の低炭素雇用創出産業立地推進事業の助成対象企業に選定されました。
最適コスト
お客様の基本スペックからのご検討に参加させて頂き、最適コストにまとめ上げます。
製造技術
ユニークかつ独創的なサーボモーターの製造方式で環境とQCDの向上をユニークかつ独創的なサーボモーターの製造方式で環境とQCDの向上を常に追求しています。
メンテナンスフリー
油圧はもとより、減速機やベルトを使用しないため、保守整備が大幅に軽減されます。
カスタマイズ
お客様の仕様にあったApplication開発を行います。
開発技術
ダイレクトドライブの特性を活かし、ハイブリッドシステムなど将来を見据えた開発を推進しています。 会社概要

会社概要

会社名 高性能駆動装置開発株式会社
High Performance Motion System Development Co.,Ltd. (略称:HPMSD)
本社・工場 〒370-2217 群馬県甘楽群甘楽町天引736-1
Tel 0274-67-5586  Fax 0274-67-5587
資本金 1億円
設立 平成20年12月4日(操業開始 平成21年7月1日)
事業内容 サーボモータおよびサーボモータ・システムの開発・製造・販売
役員 代表取締役  小笠原 正幸
取締役 小森 智裕
取締役(非常勤) 神定 常行
監査役 山口賢一
主要取引銀行 群馬銀行 甘楽町支店
日本政策金融公庫 高崎支店

代表挨拶小笠原 正幸

あらゆる産業界で環境対応(Environment Conscious)が追求されるなか、
特に油圧駆動やギヤー駆動機械の省エネルギー化、高効率化、小型化などが求められています。

 

これらの要求は従来技術の延長では改善が見込めず、サーボ技術を駆使した駆動系を採用することにより、
大幅な改善が期待されています。
駆動系の電動化(サーボモータ)はランニングコストの削減、油漏れや油噴霧からの開放、
安定した長期連続稼動と品質向上、制御性能の向上など従来技術では達成できない要求を満たしています。

 

当社は、こうしたサーボ技術を駆使した低速・高トルク・ダイレクト駆動モータを開発し、
サーボ駆動モータの中でも、更に高精度制御による製品精度の向上、減速機やベルトのメンテナンスの削除、

騒音や振動レベルの低減、並びに小型化を実現している点に強みを持っています。

 

2010年12月には、経済産業省の平成22年度低炭素型雇用創出産業立地推進事業の助成対象企業に選定されたことから、

顧客先からの引き合い、共同開発案件が急増しております。
今後は、こうした機会を最大限活用しながら、さらなる新技術・新製品の開発強化に取り組んでまいります。

高性能駆動装置開発 株式会社における購買に対する考えと基本方針。
弊社の理念である、品質保証・高性能を追及するためすべてのお取引先は弊社にとって大切なパートナーです。との
考えに立ち、お取引先様に対し誠実な対応を行うことを心がけております。